MBA取得でキャリアが変わるか?

MBAを取得してキャリアに生かそう!グローバル社会の現代だからこそ、経営学修士を取得しよう! - MBA取得でキャリアが変わるか?

MBA取得でキャリアが変わるか?

uytkud
グローバルな社会だからこそMBAの需要が高まっています。

重要性が高いMBAはキャリアに生かせるのでしょうか?

グローバル社会だからこそ

現在はグローバル社会です。これまでは過去の成功や経験があればなんでも乗り越えられる時代でしたが、現在は違います。正しい答えはないのですが、自分の視点を持って物事を考えることを求められますし、それには幅広い視野が必要と言われているのです。その一つに、MBAを取得するということが注目されています。MBAというのは一体なんなのでしょうか。

MBAは経営学修士

MBAは聞いたことがある人もいるかもしれませんが経営学修士のことをいいます。何を学んで何を習得するこができるのか考えていきましょう。MBAは組織にとって経営資源とされている仁定期資源管理と財務会計、モノやサービスのマーケティングやオペレーション、情報に携わるテーマを体系的に学べるのが特徴です。これに経済も加わってマクロ・ミクロ経済学がプラスされたものがMBAの教科です。組織人事、組織行動論、マーケティング、ファイナンス、アカウンティング、情報システム、統計学、マクロ経済学、ミクロ経済学これらを全て身に付けることで、人、物、お金、情報、経済を動かすことができる人材になるのです。

取得することで何に活用できるか

MBAが経済学に優れた知識を取得するための資格であることはわかった人も多いですが、それではメリットはどこにあるのでしょうか。経営に必要とする知識を身につけますが、このプログラムを学習して得られることは知識だけではないのです。人脈も広がりますし、論理的な思考をすることもできるようになります。また厳しいトレーニングをすることによって身についてくる忍耐力なども身につくと言えるでしょう。プロジェクトを動かす力やタイムマネジメント能力なども身につけることができるようになります。

MBA入学のご案内

具体的にMBAを取得するメリットは経営全体を俯瞰する力を身に付けることができます。そして他業種に渡る人脈のネットワークが得られます。また、ビジネスのプロとして活躍できる場所が与えられることもメリットです。MBAは単なる資格というよりも、資格ではなくて、学位なのです。取得をしてからなにか別の資格を取得して公認会計士になったり弁護士になるということはないのです。身に付けることでさらに高いレベルの場所で活躍できるようになるというメリットもあります。

いまのキャリアにつながる

キャリアアップをしたいと考えている人はどのような業種であっても、MBAを取得することによってさらに上のキャリアにアップすることができると言えるでしょう。取得するためにはいくつかの方法があります。海外フルタイムMBAと言って留学をしながら英語で身につける方法、国内フルタイムMBAは日本語での取得となりますし、国内パートタイムMBAもあります。こちらも日本語です。通信教育のオンラインMBAもありこちらは英語でも日本語でも可能です。どの方法であっても修了すればMBAの学位が取得できます。それぞれのコースによって履修期間に違いはあると思いますが、キャリアアップを考えている人にはぴったりです。ビジネスリーダーになりたいと考えている人、自分のキャリアアップを考えている人は必須と言えるかもしれません。

MBAを取得することでキャリアアップへの道はかなり近づきます。いまはグローバルな時代ですので、MBAを取得していると世界でも活躍することができるかもしれません。

新着情報

◆2016/10/17
MBA取得でキャリアが変わるか?の情報を更新しました。
◆2016/05/09
サイトマップを新規投稿しました。
◆2016/02/08
自分は優れていると思えるなら変われるチャンスを新規投稿しました。
◆2016/02/07
知的好奇心があればMBA取得後変われるを新規投稿しました。
◆2016/02/06
MBA取得前に押さえておきた本についてを新規投稿しました。